【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】弥生賞2017 ベストアプローチ

2017/07/18

シェアありがとうございます。

それでは、今週末行われます、弥生賞2017に出走予定のベストアプローチの競馬予想をしたいと思います。今週はこのレースを勝負レースにしたいと思います。まずは前走のセントポーリア賞(500万下)ですが2000mから1800mへの軽い距離短縮ショックでしたが結果は4番人気6着と不甲斐ない成績でした。まずはその前走を振り返りましょう。(中山競馬場の芝2000mの馬券的攻略の仕方はこちら)

前走

前走 セントポーリア賞(500万下) 東京1800m 4番人気6着 馬体重 474(-4)

前々走の接戦負けのストレスあるものの1番人気2着と相手が弱かったのでそれほど気にする内容でないので本来であれば2000mから1800mへの距離短縮ショックで馬体も軽く絞れてきていたので快走して欲しかったですね。まずは同馬がどのようなタイプの馬なのか調べるためにそれでは、全成績を見ていきましょう。

スポンサーリンク

全成績

2016 2歳新馬 京都2000m 3番人気1着 馬体重 476(0)
2016 ラジオN杯京都2歳S(G3) 京都2000m 6番人気3着 馬体重 472(-4)
2016 2歳500万下 阪神2000m 1番人気2着 馬体重 472(-4)
2017 セントポーリア賞(500万下) 東京1800m 4番人気6着 馬体重 474(-4)

今までのレース振りを見るとLC系かなっと思います。ずっと1ヶ月間隔で使われているので多少疲れがたまっているようにも見えます。今回は2000m→1800m→2000mのバウンド距離延長ショックに重賞への格上げ戦と鮮度もあります。しかも出走馬が確定しましたが12頭しか出走しない少頭数レースなのでL主体の同馬でも何とかなる可能性が高いです。

競馬予想まとめ

ブレスジャーニーの弥生賞回避で想定オッズとかなり実際のオッズが変わってきそうなので最終結論にてしっかりと単勝推奨馬は見極めていきたいとおもいますがどちらにしても同馬はそこまで人気にならないと思いますので面白い感じがします。S質が強い中山の2000mが?も少頭数なら前走の凡走で疲労も無いので狙ってみたい1頭ではあります。馬体重に関しては軽く増える形が良いかと思いますが大幅に増減無ければそこまで神経質にならなくても良いかと思います。

現状、8番人気ぐらいの単勝オッズ25.5倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

単勝期待値 B
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

【お知らせ】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

この記事も役立ちます!

-競馬

シェアありがとうございます。