【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】宝塚記念2017 シュヴァルグラン

2017/07/14

シェアありがとうございます。

それでは、宝塚記念2017に出走予定のシュヴァルグランの競馬予想をしたいと思います。今週はこのレースを勝負レースにしたいと思います。今週は平場の重賞競走が宝塚記念だけで且つ、出頭予定馬が少ないので1頭1頭じっくりと分析する馬の特徴をおさらいしていきたいと思います。まずは前走の天皇賞(春)(G1)ですが、「馬体重に関しても今回は非常に難しいですね。間隔詰めてきたので減ってきて欲しいですが前走、大幅に減ってきたので減りすぎも嫌ですし。。。なので大幅に増減していたら危険だと考えます。なぜ、大幅に増減していたら危険だと考えるかというと、大幅に増えてきていたら前走減ってきたのを回復させるために中間の調教を緩めた可能性が高まります。そして大幅に減ってきていた場合は、前走の疲れが出た可能性が高まるからです。どちらにしても今回はこの人気では非常に買いづらいですね。ただ、L質寄りのLC系なので弱い相手にはあまり崩れないので4着から6着前後ではないかと思います。」と書き、単勝期待値C(危険な人気馬)としました。結果は4番人気2着とそれなりに好走しました。その前走を振り返りましょう。(阪神芝2200mのコース分析はこちら)

前走

前走 天皇賞(春)(G1) 17頭立て 京都3200m 4番人気2着 馬体重 468(-6) 上がり 35.2

前走、前々走と馬体重を減らし続けているのでこの中間は馬体を戻すことに精一杯で調教を緩めるのではないかなっと思っています。L質寄りのまとまり系なのでそれなりに走ってくるとは思っていましたが4番人気2着というのは本当に頑張ったと思います。ただ、こうも馬体を減らし続けて2番人気2着、4番人気2着となるとさすがに疲労が心配ですね。しかも前走は長距離の3200mを好走したので余計に疲れが心配です。それではこの馬の今までの戦歴からもう一度、シュヴァルグランってどういう馬か見ていきましょう。

スポンサーリンク

シュヴァルグランの戦歴

2014 2歳新馬 14頭立て 阪神2000m 3番人気2着 馬体重 464(0) 上がり 34.7
2014 2歳未勝利 12頭立て 京都2000m 1番人気1着 馬体重 468(+4) 上がり 35.8
2014 ラジオN杯京都2歳S(G3) 8頭立て 京都2000m 1番人気1着 馬体重 468(0) 上がり 34.3
2014 エリカ賞(500万下) 12頭立て 阪神2000m 1番人気3着 馬体重 478(+10) 上がり 35.0
2015 若駒S(OP) 7頭立て 京都2000m 出走取り消し
2015 毎日杯(G3) 15頭立て 阪神1800m 8番人気5着 馬体重 470(-8) 上がり 34.1
2015 京都新聞杯(G2) 16頭立て 京都2200m 7番人気8着 馬体重 464(-6) 上がり 34.8
2015 3歳上500万下 16頭立て 札幌2000m 1番人気2着 馬体重 468(+4) 上がり 34.4
2015 3歳上500万下 17頭立て 阪神2400m 1番人気1着 馬体重 468(0) 上がり 33.5
2015 3歳上1000万下 8頭立て 京都2400m 1番人気1着 馬体重 476(+8) 上がり 33.9
2015 オリオンS(1600万下) 9頭立て 阪神2400m 1番人気1着 馬体重 474(-2) 上がり 34.6
2016 日経新春杯(G2) 12頭立て 京都2400m 1番人気2着 馬体重 480(+6) 上がり 34.0
2016 阪神大賞典(G2) 11頭立て 阪神3000m 1番人気1着 馬体重 474(-2) 上がり 34.9
2016 天皇賞(春)(G1) 18頭立て 京都3200m 3番人気3着 馬体重 474(-2) 上がり 34.5
2016 宝塚記念(G1) 17頭立て 阪神2200m 5番人気9着 馬体重 474(-2) 上がり 37.6
2016 アルゼンチン共和国杯(G2) 15頭立て 東京2500m 2番人気1着 馬体重 474(-2) 上がり 33.7
2016 ジャパンC(G1) 17頭立て 東京2400m 6番人気3着 馬体重 474(-2) 上がり 34.4
2016 有馬記念(G1) 16頭立て 中山2500m 5番人気6着 馬体重 484(+2) 上がり 35.7
2017 阪神大賞典(G2) 10頭立て 阪神3000m 2番人気2着 馬体重 474(-10) 上がり 35.9
2017 天皇賞(春)(G1) 17頭立て 京都3200m 4番人気2着 馬体重 468(-6) 上がり 35.2

同馬はハーツクライ産駒です。ハーツクライ産駒の基本は体力旺盛で坂のある阪神競馬場や中山競馬場が得意です。あと、ハーツクライ自身もそうであったようにとにかく強い相手に燃えるタイプで多頭数の内枠が得意です。ですが、同馬の場合はどうもその血をうまく引き継げていないのか前にも書きましたがG1ではもうひとつ足りない感じがします。実際、私はジャパンC(G1)有馬記念(G1)天皇賞(春)(G1)とG1では、ずっと単勝期待値Cにして、阪神大賞典(G2)のみ単勝期待値Aとしました。G1級のハーツクライ産駒はタイプ的にはSC系なのですが同馬の場合はどうもL質が強いまとまり系に見えます。実際、多頭数(15頭立て以上)と少頭数(12頭立て以下)の成績を見てみると

シュヴァルグランの多頭数の戦歴

2015 毎日杯(G3) 15頭立て 阪神1800m 8番人気5着 馬体重 470(-8) 上がり 34.1
2015 京都新聞杯(G2) 16頭立て 京都2200m 7番人気8着 馬体重 464(-6) 上がり 34.8
2015 3歳上500万下 16頭立て 札幌2000m 1番人気2着 馬体重 468(+4) 上がり 34.4
2015 3歳上500万下 17頭立て 阪神2400m 1番人気1着 馬体重 468(0) 上がり 33.5
2016 天皇賞(春)(G1) 18頭立て 京都3200m 3番人気3着 馬体重 474(-2) 上がり 34.5
2016 宝塚記念(G1) 17頭立て 阪神2200m 5番人気9着 馬体重 474(-2) 上がり 37.6
2016 アルゼンチン共和国杯(G2) 15頭立て 東京2500m 2番人気1着 馬体重 474(-2) 上がり 33.7
2016 ジャパンC(G1) 17頭立て 東京2400m 6番人気3着 馬体重 474(-2) 上がり 34.4
2016 有馬記念(G1) 16頭立て 中山2500m 5番人気6着 馬体重 484(+2) 上がり 35.7
2017 天皇賞(春)(G1) 17頭立て 京都3200m 4番人気2着 馬体重 468(-6) 上がり 35.2

この多頭数のレースの中から前走から見て、同格もしくは格上げ戦で挑んだレース(つまり格下げ戦以外)に絞ってみると、

2015 毎日杯(G3) 15頭立て 阪神1800m 8番人気5着 馬体重 470(-8) 上がり 34.1
2015 京都新聞杯(G2) 16頭立て 京都2200m 7番人気8着 馬体重 464(-6) 上がり 34.8
2016 天皇賞(春)(G1) 18頭立て 京都3200m 3番人気3着 馬体重 474(-2) 上がり 34.5
2016 宝塚記念(G1) 17頭立て 阪神2200m 5番人気9着 馬体重 474(-2) 上がり 37.6
2016 ジャパンC(G1) 17頭立て 東京2400m 6番人気3着 馬体重 474(-2) 上がり 34.4
2016 有馬記念(G1) 16頭立て 中山2500m 5番人気6着 馬体重 484(+2) 上がり 35.7
2017 天皇賞(春)(G1) 17頭立て 京都3200m 4番人気2着 馬体重 468(-6) 上がり 35.2

と、どうも煮え切らない成績です。私がG1で同馬をいつも低く評価するのはこのように強い相手に燃えるタイプの血統なのだが戦歴を見るとどうもSC系でない、能力の高いL質寄りのまとまり系にしか見えないので好走はあっても単勝期待値が低いからです。

シュヴァルグランの少頭数の戦歴

2014 2歳未勝利 12頭立て 京都2000m 1番人気1着 馬体重 468(+4) 上がり 35.8
2014 ラジオN杯京都2歳S(G3) 8頭立て 京都2000m 1番人気1着 馬体重 468(0) 上がり 34.3
2014 エリカ賞(500万下) 12頭立て 阪神2000m 1番人気3着 馬体重 478(+10) 上がり 35.0
2015 3歳上1000万下 8頭立て 京都2400m 1番人気1着 馬体重 476(+8) 上がり 33.9
2015 オリオンS(1600万下) 9頭立て 阪神2400m 1番人気1着 馬体重 474(-2) 上がり 34.6
2016 日経新春杯(G2) 12頭立て 京都2400m 1番人気2着 馬体重 480(+6) 上がり 34.0
2016 阪神大賞典(G2) 11頭立て 阪神3000m 1番人気1着 馬体重 474(-2) 上がり 34.9
2017 阪神大賞典(G2) 10頭立て 阪神3000m 2番人気2着 馬体重 474(-10) 上がり 35.9

少頭数のレースになると戦歴が、(5,2,1,0)と勝率62.5%、連対率87.5%、複勝率100%と抜群に強いんです。この辺が私がどうしても引っかかるところです。要は、ハーツクライ産駒らしくないのです。

スポンサーリンク



競馬予想まとめ

いろいろとシュヴァルグランの特徴を見てきましたが、今回は、少頭数なので上記のように得意です。ですがG1です。ここは評価が分かれると思いますが私は前走に引き続き低評価でいきたいと思います。理由は、

1.G1戦である事。
2.蓄積疲労にそこまで強くないので前々走・前走と連続好走した疲労が心配。特に前走のG1での好走の疲労が心配。
3.馬体減りがずっと続いている事。
4.当日は雨予想で重たい馬場になるとマイナス材料のため。
5.これはMの法則の基本原則である前走の同路線1着・2着で決着する可能性は同路線ストレスの観点から可能性として低いから。

ざっと上記の理由が主な理由です。

5に関しては、Mの法則を知らない方のために説明するとシュヴァルグランの前走は天皇賞です。そしてキタサンブラックも天皇賞です。その天皇賞で1着、2着だったキタサンブラックとシュヴァルグランで今回も決着する可能性が低いということです。要はどちらかはかなりの確率で凡走するってことです。そう考えるとシュヴァルグランのほうが凡走する可能性が高いです。

現状、5番人気ぐらいの単勝オッズ10.5倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ、競馬予想の参考にしてみてください。

単勝期待値 C
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

【余談】
今週は1頭1頭、丁寧に見ているので今回のレースだけでなく今後のレースでも見返せるように書いていますのでうまく活用していただけると幸いです。それにしてもいつもの3倍以上の量を書いているので本当に疲れました笑 最終結論は明日の夜にでもアップします。

【お知らせ】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。
あと、プロフィールにも書いていますが為替予想もしていますのでもし宜しければそちらもご覧になってください。よろしくおねがいします。「週間為替展望.com

スポンサーリンク

この記事も役立ちます!

-競馬

シェアありがとうございます。