【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】安田記念2017 最終結論

2017/06/06

シェアありがとうございます。

それでは、明日行われます、安田記念2017の最終結論を書いていきたいと思います。ハイペースのやや外伸びのトラックバイアス想定です。それではさっそく最終結論に入りたいと思います。(東京芝1600mの馬券的攻略の仕方はこちら)

本命

18番 ステファノス
2000mから1600mへの王道距離短縮ショック。どちらかというと揉まれたくないので外枠が良かったので大外枠ですが内で揉まれるより全然良いです。週中の記事でも書きましたが、中距離のG1戦線で連対するような力がある馬が東京競馬場の短距離路線に挑めば他馬を一蹴する可能性があるのに現時点で5番人気と私、個人的には舐められたものだなっといった印象です。中距離のG1と短距離のG1ではタフさが全然違います。つまり今まで経験してきた辛さや経験値が全然違います。中距離のG1で連対した誇りを胸に頑張ってもらいたいです。馬体重は軽く増えてきて欲しいです。現時点で4番人気~6番人気ぐらいを想定しています。

対抗

4番 アンビシャス
こちらもステファノス同様、2000mから1600mへの王道距離短縮ショックになります。同馬の場合は内枠のほうが良かったので後入れの偶数番の内枠は良くて。前走も差しているので差しに回る位置取りショックは仕掛けられないですが1800m→2000m→1600mの変則バウンド距離短縮ショックとリズムに躍動感があるので。馬体重に関しては軽く絞れて欲しいですが、間隔が空いているので軽く増える分には問題ないと思います。現時点で5番人気~7番人気ぐらいを想定しています。

以上、二頭を単勝推奨馬、つまり単勝期待値Aにしたいと思います。

スポンサーリンク

単穴

17番 ヤングマンパワー
内枠なら本命にしようと思っていました。集中力があり格上げ戦の東京の1600mはかなり良い条件で。前走、先行して3着に負けているのでそこまでの疲労は出ないのではないかと考えます。当然、ここで反動が出ては困るので馬体重の増えすぎには非常に注意したいです。強い相手にしぶとくタフなレースになってもなかなか投げ出さないので人気が全然無いので買っておいたほうが良いと思います。外枠に入って今回、強引に前目につけるような競馬をしそうなのでそうなると終始外を回る事になり、最後の直線のぎりぎりのところで集中力が切れてしまう可能性が高いので3番手評価にしました。現時点で10番人気~12番人気ぐらいを想定しています。

注意

12番 ビューティーオンリ
初の国内から海外へのショック。3走前に2000mという中距離を経験しているのも東京の1600mに挑むにあたってとても良い経験で。長距離輸送による馬体重の減りすぎには注意したいです。勝ちきれないがそこそこ走ってくるあたりから大きくはLC系になるだろうと思いますので外枠も良かったと思います。現時点で7番人気~9番人気ぐらいを想定しています。

大穴

7番 グレーターロンドン
ダービー卿チャレンジトロフィーを回避した影響がどれくらいあるのかちょっと分からず、ぎりぎりまで出走を悩まれていたみたいなのでちょっと調教不足(調整不足)が考えられるので少し狙いづらくて。順調なら鮮度要求が高いディープインパクト産駒の初重賞なのでもう少し評価してもいいのですがちょっと読めないので抑え程度が人気的にも妥当かと思います。

競馬予想まとめ

今回の安田記念の注目は大阪杯で掲示板前後に来る馬が短距離のG1である安田記念に出走したらどの程度通用するかってとこだと思います。普通に考えれば大阪杯で5着ぐらいに来る馬なら安田記念に出走してくれば勝ち負けできると私は思っていますので大阪杯組の2頭を単勝推奨馬にしました。ここでヤングマンパワーがステファノスやアンビシャスよりも先着して連対するようなら秋は是非とも天皇賞秋を目指して欲しいです。

以上、安田記念2017の最終結論でした。

【お知らせ】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

この記事も役立ちます!

-競馬

シェアありがとうございます。