【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】安田記念2017 レース回顧

2017/06/07

シェアありがとうございます。

それでは、安田記念2017のレース回顧をしたいと思います。大体想定どおりのペース、トラックバイアスだったのですが見事に外してしまいました。本当に申し訳ないです。それでは、レース回顧に入りたいと思います。

スポンサーリンク

安田記念2017

1着 サトノアラジン 単勝期待値 B
2着 ロゴタイプ 単勝期待値 C
3着 レッドファルクス 単勝期待値 C

1着のサトノアラジンは、外枠に入って揉まれる可能性が減ったので少し怖いなっとは思いましたがそれでも無印にしました。それは週中の記事でも書いたように1400m適正があまりにも高いのといくら前走凡走してストレス・疲労が無くてもタイプ的に3着から5着ぐらいだろうと思ったからです。結果的には、枠順、位置取り、展開のすべてが嵌って勝ちました。他の有力馬が走れる状態では無く伸びてこないなかで結果的に1着になったといった感じに私は捉えています。今回は、珍しく単勝期待値Cではなく単勝期待値Bを付けたようにストレスと疲労が無いまとまり系のディープインパクト産駒でしかも人気も落ちているのでそれなりの評価をしました。それにしても人気薄のまとまり系のディープインパクト産駒の怖さを改めて感じました。良い勉強になりました。この経験を必ず糧にしたいです。

2着のロゴタイプは、週中の記事で書いたように、去年逃げて勝っているので今回逃げても去年ほど効果的なショックにはならないので勝つことは無いだろうと思い単勝期待値Cをつけました。結果は2着とこのハイペースの中、本当に頑張ったと思います。調子が良いのもありますが一本調子で自分のペースで走らせたら本当にしぶとい馬だと感心しました。さすがG1を3勝しているだけのことはあります。

3着のレッドファルクスも、単勝期待値Cをつけました。前哨戦を接戦勝ちしてストレスがかなりある中、さらなる距離延長を差して3着は相当強い内容だと思いました。しかも東京の1600mをです。これは本当に強い内容で闘争心がかなりあるのと量もそれなりにあることが良く分かりました。良い馬です。

予想結果

このレースでは単勝期待値Aとして最終的に、ステファノスとアンビシャスを挙げました。結果は順に4番人気7着、5番人気15着と全然駄目でした。ステファノスは軽く馬体を戻して理想的な状態でした。久しぶりにリアルタイムでレースを見たのですがステファノスが前に無理して行こうとするのでお願いだから控えて後方から行ってくれっと悲鳴をあげました笑 久しぶりの距離短縮を差しに回るのではなく前に行っては逆ショックになり最後の直線でもたないからです。結果はご覧の通り最後、伸びず7着と完敗でした。ツイッターでも書いたのですが勝ったサトノアラジンの位置にステファノスがいて欲しかったのです。非常に残念です。アンビシャスの惨敗に関しては正直よく分かりません。ごめんなさい。ただ、ここ3走、4着・4着・5着と着順に変化が無く馬が硬くなっていた可能性があります。いわゆる硬直化していた可能性ですね。この惨敗でその硬直化が取れて同馬の本来の走りが戻ってくればこの惨敗は結果的に硬直化を解いた事になるので良かったと思います。これだけは次走以降を見ないと分からないのでそれまでのお楽しみですね。しっかり休養とってリフレッシュさせてあげたいです。

あとは、単勝期待値C(危険な人気馬)ですが、このレースではレッドファルクス・イスラボニータ・ロゴタイプの3頭を挙げました。結果は順に3番人気3着、1番人気8着、8番人気2着となりました。レッドファルクス・ロゴタイプはさきほど書いたとおりですね。イスラボニータは同路線ストレスが大きい中で外枠では量が無いのでキツイと思います。みなさん、前哨戦を勝つと本番戦で評価する傾向にあるのですが前哨戦で勝つとストレス・疲労が残るのでマイナスに考えないと基本的にはいけないと私は思っています。特に優先出走権が与えられる前哨戦は全馬頑張って走りますのでストレス・疲労ともに強く残ります。しかも優先出走権が与えられる前哨戦組は本番にも多数出走してくるので「またアイツも出走しているのか」っと同路線ストレスを馬は強く感じます。なので前哨戦を勝って人気の馬は基本的には危険な人気馬だとまずは疑ってかかります。イスラボニータは秋は天皇賞秋からマイルチャンピオンに挑むローテーションで天皇賞を先行して5着ぐらいに負けるのが理想的だと今から言っておきます笑

以上、安田記念2017のレース回顧でした。

Naoto.

【お知らせ】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-競馬

シェアありがとうございます。