【競馬予想】単複勝負.com

 単複馬券こそ競馬予想の魅力。

【競馬予想】太宰府特別2017 最終結論

2017/03/09

シェアありがとうございます。

それでは、明日行われます太宰府特別2017の最終結論を書いていきたいと思います。小倉の1800mの多頭数ということで基本的にはS質が強い馬が良かったりもしますがまとまり系もそれなりに走ってくるとても難しいコースです。それでは早速、最終結論に入りたいと思います。

本命

6番 ヴィンセンツイヤー
1800m→2000m→2000m→1800mの変則バウンド距離短縮ショック。前走の先行から差しに回る位置取りショックを仕掛けれればかなり面白い一頭です。マツリダゴッホ産駒の同コースとの相性もとっても良いので近走、成績がよくないですが一発あるとしたら同馬かと思います。人気は6番人気~9番人気ぐらいを想定しています。

対抗

8番 モンドシャルナ
2000mから1800mへの距離短縮ショック。前々走で先行する競馬をして活性化している可能性が高いのも良い。もう少し内枠が良かったですが多頭数の小回りコースなので混戦が予想されるので混戦に強いネオユニバース産駒というのも非常に良くて。ネオユニバース産駒の同コースとの相性も良く。馬体重は絞れてきて欲しいです。人気は4番人気~6番人気ぐらいを想定しています。

以上、二頭を単勝推奨馬、つまり単勝期待値Aにしたいと思います。

スポンサーリンク

単穴

13番 ダンツペンダント
ダ1800m→2000m→1800mという変則バウンド距離短縮ショック。前々走でダート戦を走っているのもとても良くて。小回りの1800mで外枠が?もショック的にはとても有効的なのとおそらくそんなに人気にならないと思うので。人気は6番人気~9番人気ぐらいを想定しています。

注意

7番 テーオービックバン
1800m→2000m→1800mのバウンド距離短縮ショック。非根幹距離の1800m向きのゼンノロブロイ産駒なのでこのショックは有効的で。前々走と前走の間隔がかなり空いているのでバウンド距離短縮ショックとしての効果は薄いかも知れませんが2000m→1800mの距離短縮ショックだけでも同馬にとっては効果的なショックで。前走、休み明けを先行して凡走しているのでストレス・疲労も無く。人気は4番人気~6番人気ぐらいを想定しています。

大穴

4番 ヤマニンリュウセイ
格上げ戦。多頭数の内枠と集中力のあるステイゴールド産駒の同馬にはプラス材料で。ただ、おそらく人気になると思うのでステイゴールド産駒は人気で買う馬ではないので評価を下げました。逆に言うと人気無ければ評価を上げてよいと思います。馬体重は絞れてきて欲しいです。人気は1番人気~3番人気ぐらいを想定しています。

競馬予想まとめ

混戦が予想されるレースで非常に面白そうですね。S質が強く、ストレス・疲労が少ない距離短縮組を中心に予想を組み立ててみました。想定どおりの人気ならヴィンセンツイヤーとモンドシャルナの単複勝負を私ならするかなっと思います。

以上、太宰府特別2017の最終結論でした。

【お知らせ】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-競馬

シェアありがとうございます。