【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】天皇賞(春)2017 レース回顧

2017/06/07

シェアありがとうございます。

それでは、天皇賞(春)2017のレース回顧をしたいと思います。キタサンブラック・サトノダイヤモンドのどちらかが勝つ確率が高く非常に馬券的には妙味がありませんでしたがレース自体は面白いレースになったと私は思いました。では、レース回顧に入りたいと思います。

スポンサーリンク

天皇賞(春)2017

1着 キタサンブラック 単勝期待値 B
2着 シュヴァルグラン 単勝期待値 C
3着 サトノダイヤモンド 単勝期待値 A

1着のキタサンブラックは、週中の記事でも、「人気が想定されますがかなり有力な1頭でしょう。ほかに良い馬が見つからなければ1番人気でも単勝期待値Aを付けざるを得ないぐらいマイナス材料がすくないです。」と書いたとおり非常に勝つ確率が高かったです。なので切れない1番人気馬ということで私の得意の3番手評価にしました笑 キタサンブラックはレース質自体も向きました。ヤマカツライデンがハイペースで引っ張ってくれましたのでタフなレース質になって淡白なレース質ではなくなったので同馬の闘争心が非常に活きました。闘争心比べなら出走馬の中で一番なのでそういうレース質も向いたと思います。北島さん・武豊さんおめでとうございます。1番人気なので3番手評価までしか出来ませんでした笑

2着のシュヴァルグランは、どこまでいっても2着までだったと思いますが同馬もハイペースのタフなレースになってハーツクライ産駒の血が活きたと思います。ただ、いつも言っているとおりハーツクライ産駒なのですが集中力が今ひとつでG1で勝ちきるには少し足りない非常に残念な馬です。2着にきましたが特に後悔は私は全く無いです。

3着のサトノダイヤモンドは、逆にハイペースでレース質が向きませんでしたし外枠で終始、あのハイペースをずっと外を回されては可哀想だったと思います。レース中の消耗度も高いですし負けはしましたが負けて強しの内容だったと思います。騎乗に関してもあの枠順なら何の問題も無かったと思います。

予想結果

このレースでは単勝期待値Aとして最終的にサトノダイヤモンドとレインボーラインを挙げました。結果は順に2番人気3着、7番人気12着となりました。サトノダイヤモンドは先ほど書いたとおりです。レインボーラインは馬体はしっかり絞れてきていましたがデムーロ騎手が何を思ったか最後方からの競馬をしてしまいました。外枠に入ったのでせめて馬群の中に入れて集中力を高めて欲しかったんですがまさかまさかの最後方からの競馬でこれは駄目だと思いました笑 負けましたがまだまだ見限る必要は無いと思います。強い相手の人気薄時は常に警戒が必要な馬です。

あとは、単勝期待値C(危険な人気馬)ですが、このレースではシュヴァルグラン・アルバート・トーセンバジル・シャケトラの実に4頭を挙げました。結果は順に4番人気2着、6番人気5着、9番人気8着・3番人気9着となりました。4頭も単勝期待値Cつまり勝たないだろうと挙げて1頭も結果、勝たなかったのでまぁ、良しとしたいと思います。これで4月のレースはすべて終わりました。4月の重賞の成績が最悪で単勝はアンタレスSのモルトベーネしか取っていないという最悪の事態です。。。重賞以外の勝負レースなら吾妻小富士賞や本日行われたスイートピーステークスなど取れているんですが如何せん重賞の成績があまりにも悪いので5月は挽回したいと思います。今後とも読者の方々、頑張って書いていきますので何卒よろしくお願いします。

以上、天皇賞(春)2017のレース回顧でした。

Naoto.

【お知らせ】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

この記事も役立ちます!

-競馬

シェアありがとうございます。