【競馬予想】単複勝負.com

 単複馬券こそ競馬予想の魅力。

【競馬予想】天皇賞(春)2017 ゴールドアクター

2017/04/28

シェアありがとうございます。

それでは、天皇賞(春)2017に出走予定のゴールドアクターの分析をしたいと思います。今週はこのレースを勝負レースにしたいと思います。まずは前走の日経賞(G2)ですが「揉まれるのはどちらかというと良くないので程よい外枠に入ったのは良かったと思います。何度も言っていますが中山の2500mはほぼベスト条件で強い相手よりも弱い相手向きなのでこの条件は悪くないので。」と書き、5番手評価としました。結果は1番人気5着と人気に応えることが出来ませんでした。まずはその前走を振り返りましょう。

前走

前走 日経賞(G2) 中山2500m 1番人気5着 馬体重 498(0)

戦歴を見れば分かると思いますがS系特有の連荘期を終えて戦歴が不安定な交互質になっています。順番でいうと前走は凡走の順番でしたが間隔空けて休み明けだったこと、得意の中山の非根幹距離だったこと、自分より弱い相手の格下げ戦だった事、以上を踏まえると好走してもおかしくなかったと思うのでより不安定さが増したといったところでしょうか。それでは、過去5戦を見ていきましょう。

スポンサーリンク

過去5戦

2016 天皇賞(春)(G1) 京都3200m 1番人気12着
2016 産経賞オールカマー(G2) 中山2200m 1番人気1着
2016 ジャパンC(G1) 東京2400m 3番人気4着
2016 有馬記念(G1) 中山2500m 3番人気3着 馬体重 498(-6)
2017 日経賞(G2) 中山2500m 1番人気5着 馬体重 498(0)

不安定さが増しているS系の同馬が2500mから3200mの距離延長ショックをうまく精神コントロール出来るのか?っていう疑問があるのと強い相手向きではないのでちょっと中位人気でも買いづらいですね。ただし、前走を1番人気5着と凡走していますのでストレス・疲労はかなり少ないのでその面は有利かと思います。

競馬予想まとめ

去年の天皇賞(春)は前哨戦を2番人気1着と勝って1番人気で12着と大敗しました。今回は前哨戦を1番人気5着と負けておそらく中位人気で天皇賞(春)に挑みます。そういう側面から見ると今回のほうが好走確率は高そうですが如何せん、不安定さを増しているS系なので正直難しいです。しかも大幅な距離延長なので。危険な人気馬とまではいかないまでも積極的には狙いづらいといった感じです。

現状、6番人気ぐらいの単勝オッズ18.0倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ参考にしてみてください。

単勝期待値 B
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

【お知らせ】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-競馬

シェアありがとうございます。