【競馬予想】単複勝負.com

 単複馬券こそ競馬予想の魅力。

【競馬予想】大阪杯2017 レース回顧

シェアありがとうございます。

それでは、大外れだった大阪杯2017のレース回顧をしたいと思います。レース結果を見れば先行馬が有利なトラックバイアスで差し、特に追い込みでは物理的に間に合わない馬場でした。では、レース回顧に入りたいと思います。

スポンサーリンク

大阪杯2017

1着 キタサンブラック 単勝期待値 C
2着 ステファノス 単勝期待値 B
3着 ヤマカツエース 単勝期待値 C

単勝期待値C(危険な人気馬)に馬券圏内を独占されるという醜態を晒してしまいました。。。申し訳ないですとしかいえないです。

1着のキタサンブラックは週中の分析でも書いたように根幹距離の2000mよりも非根幹距離の2200mや2500mが得意な馬なのでいくらS質の強い阪神競馬場と言えども根幹距離の2000mで多頭数に近い14頭立てのG1で勝ちきれるか?と私なりにひたすら考え2着以下はあっても単勝は無いと考え単勝期待値C(危険な人気馬)としました。勝因としては、やはりSが強い馬なので阪神競馬場が合っている事、先行馬が有利なトラックバイアスだったこと、単勝オッズが2倍台の1番人気だったように自分より弱い相手だった事が主な勝因かなっと思います。いずれにしても圧倒的人気が想定されていたので付けても単勝期待値Bですがそんな消極的な予想を読者の方々は求めていないと思っているのでやはり私自身が2着はあっても勝つ可能性は極めて薄いと考えた以上、単勝期待値Cをつけました。なので、私自身は後悔は全くないです。キタサンブラックは現役馬の中で一番と言っていいほどの闘争心(S質)を持っていることはこれで改めて再認識しましたが。
2着のステファノスに関しても、週中の分析で「そこまでの人気ではないと思うので警戒は必要だと思います。同馬は人気時にはなるべく軽視し人気薄時こそ慎重に扱わないといけない馬です。そういう意味でも今回、単勝?ってなりますが連争いはあまり得意でない阪神競馬場の2000mでも注意すべきだと思います。」と書いたように紐では警戒しないといけませんが単勝は?なので無印としました。結果は、やはり2着でこれはどこまでいっても1着は無い2着と私は考えているので無印にしてこちらも全く後悔は無いです。
3着のヤマカツエースはコース適性の高さもありますが良く頑張ったと思います。「間隔詰めてきたのでしっかり馬体は絞ってきて欲しい」と週中の分析でも書きましたが-2キロと絞れてきて状態も良く、良い競馬が出来たと思いますがやはりG1では勝ちきれないなっと思いました。

予想結果

このレースでは単勝期待値Aとして最終的にミッキーロケットとサクラアンプルールを挙げました。結果は順に6番人気7着、9番人気13着と駄目でした。ミッキーロケットは馬体が絞れて来なかった事もありますが前が圧倒的に有利なトラックバイアスで後方からの競馬では届かずよく頑張ったほうだと思います。負けはしましたがそこそこ強い内容だったと思います。サクラアンプルールは、-6キロなので大幅な増減とまではいきませんがやはり前走の1800m→2000m→1800mのバウンド距離短縮ショックで8番人気2着と好走した反動が出てしまったんだと思います。これは期待値との関係で鮮度があるので反動が出ないほうに賭けましたが正直失敗しました。あとは、単勝期待値C(危険な人気馬)ですが、このレースではキタサンブラック・サトノクラウン・ヤマカツエースを挙げました。結果は順に1番人気1着、3番人気6着、4番人気3着となりました。キタサンブラックとヤマカツエースは先ほど書いたとおりです。この単勝期待値Cに挙げた中で一番自信があったのはサトノクラウンでそのサトノクラウンが凡走してくれたのは良かったです。週中の分析でも「どんな人気でも今回この馬の単勝を買うのは非常に危険だと考えます。」と書いたとおりやはり危険な人気馬でした。あと最後にこのレースで一番強い競馬をしたのは私はアンビシャスかなっと思っています。絞れてきて欲しい場面で+4キロと増えてきてしかも1800mから2000mへの距離延長ショックを最後方からの競馬でしかも先行有利なトラックバイアスで5着は強いと感じました。次走以降楽しみです。

以上、大阪杯2017のレース回顧でした。大外れで本当にすみませんでした。

Naoto.

【お知らせ】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-競馬

シェアありがとうございます。