【競馬予想】単複勝負.com

 単複馬券こそ競馬予想の魅力。

【競馬予想】六甲ステークス2017 最終結論

シェアありがとうございます。

それでは、本日行われます、六甲ステークス2017の最終結論を書いていきたいと思います。頭数は11頭立てと少頭数の阪神1600mになります。少頭数の阪神の1600mなのでS主体の馬を中心に組み立てるべきかなっと思います。それではさっそく最終結論に入りたいと思います。

本命

3番 ハギノハイブリッド
本来、多頭数の内枠向きも、とりあえず内枠に入った事と1600m自体は経験無いが非根幹距離の1800mから根幹距離の1600mへの距離短縮ショックは良い方向に向かうと思います。前走、休み明けをしっかり馬体を増やして戻ってきているので今回は必ず絞れてきて欲しいです。能力的には1番人気でもおかしくないのに現時点で4番人気というのも走りやすくて。

対抗

4番 アスカビレン
1800mから1600mへの距離短縮ショック。阪神競馬場は合うも根幹距離よりも非根幹距離向きの同馬。ただし、少頭数の阪神の1600mならそれほど合わない事も無く。馬体重に関しては絞れてきて欲しいです。

以上、二頭を単勝推奨馬、つまり単勝期待値Aにしたいと思います。

スポンサーリンク

単穴

7番 ペイシャフェリス
1600m→1400m→1200m→1600mの変則バウンド距離延長ショック。阪神の1600mが?も今回の変則バウンド距離延長ショックで逃げる位置取りショックを仕掛ければかなり面白そうな感じはします。人気も現時点で6番人気の22.2倍なので思い切った競馬が出来そうで。

注意

5番 ライズトゥフェイム
2000m→1600mの王道距離短縮ショック。単勝は?も揉まれ弱いゼンノロブロイ産駒にとって少頭数はプラス材料で。少頭数なら根幹距離の1600m、しかも阪神コースなら大駆けあってもおかしくなくて。現時点で10番人気と全然人気もないので妙味あって。

大穴

8番 ケントオー
どちらかというと阪神競馬場よりも京都競馬場のほうがベターも1600m→1800m→1600mのバウンド距離短縮ショック。少頭数の外枠というのもそれほど悪くなく。現時点で3番人気というのも同馬にとっては走りやすい人気で。馬体重の大幅な増減に注意したいです。

競馬予想まとめ

単勝的にはハギノハイブリッド・アスカビレンが良いかと思いますが複勝的にはライズトゥフェイム・ペイシャフェリスが面白いかなっと思います。データ的にもゼンノロブロイ産駒とスペシャルウィーク産駒の当コースの複勝の回収率はとても優秀なので面白いと思います。あとはしっかりと直前の馬体重を良く見て馬券を組み立ててみて下さい。それでは、ちょっと東京は天気悪いですがよい日曜日を。

以上、六甲ステークス2017の最終結論でした。

【お知らせ】
ダビフレのIDはツイッターのプロフィールに書いていますのでお手数ですがそちらを見て検索してフレンド申請してください。よろしくおねがいします。少頭数のレースはブログでは有力馬の短評のみでダビフレでのみ最終結論をアップすることがあるのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク

-競馬

シェアありがとうございます。