【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】フェブラリーステークス2017 コパノリッキー

2017/06/29

シェアありがとうございます。

それでは、今週末行われますG1、フェブラリーステークス2017に出走予定のコパノリッキーの競馬予想をしたいと思います。まずは前走の東京大賞典競走(G1)は2100m→1800m→2000mの変則バウンド距離延長ショックでさらに逃げる位置取りショックも仕掛けましたが3番人気5着と完敗でした。まずはその前走を振り返りましょう。(ダート戦なので芝のレースのときのみ距離の前に「芝」と書きます)

前走

前走 東京大賞典競走(G1) 大井2000m 3番人気5着 馬体重 545(+1)

このレース、ブログには予想をアップしませんでしたがダビフレというSNSには予想をアップし、本命が勝ち、評価した5頭が掲示板を独占して5連複も当てました。(下記の画像参照)

同馬に関しては4番手評価だったのですが、強い相手向きでないこと、根幹距離向きでないこと、ただし、中央から地方へのショック及び相手弱化でもあるので抑えぐらいが妥当だろうと4番手評価にしました。だいたい想定通りの結果だったと思います。それでは、過去5戦を見ていきましょう。

スポンサーリンク

過去5戦

2016 帝王賞競走(G1) 大井2000m 5番人気1着 馬体重 547(+15)
2016 マイルチャンピオンシ(G1) 盛岡1600m 1番人気1着 馬体重 539(-8)
2016 JBCクラシック(G1) 川崎2100m 1番人気5着 馬体重 535(-4)
2016 チャンピオンズC(G1) 馬体重 544(+9)
2016 東京大賞典競走(G1) 大井2000m 3番人気5着 馬体重 545(+1)

チャンピオンズC(G1)の時も強い相手向きでないので危険な人気馬として単勝期待値Cをつけました。今回も1800m→2000m→1600mの変則バウンド距離短縮ショックですがL系の馬なので短縮よりはペースが緩くなる延長向きであること、揉まれたくないので多頭数よりも少頭数がいいのでマイナス材料のほうが多いと思います。ただし、広い東京競馬場は一昨年のフェブラリーステークスを勝ってることからも得意な競馬場です。

競馬予想まとめ

前走、距離延長ショックで逃げる位置取りショックも仕掛けて中途半端な結果になったので中途半端にストレス・疲労が残っている可能性があるので大幅な馬体重の増減には注意したいです。特に減りすぎには注意したいです。揉まれないように外枠に入ったほうがいいです。内枠だと揉まれて投げ出す可能性が非常に高いと思います。一昨年の覇者ですが基本的には根幹距離より非根幹距離向きなので評価はしづらいです。

現状、5番人気ぐらいの単勝オッズ7.5倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ参考にしてみてください。

単勝期待値 C
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

スポンサーリンク

この記事も役立ちます!

-競馬

シェアありがとうございます。