【競馬予想】単複勝負.com

 競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】チューリップ賞2017 有力馬の短評

2017/10/12

ランキングにご協力、有難うございます!
ブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキング
[最強]競馬ブログランキング

今週末に行われます、チューリップ賞2017の有力馬の短評を書いていきたいと思います。是非、競馬予想の参考にされてください。(阪神競馬場の芝1600mの馬券的攻略の仕方はこちら)

ソウルスターリング

現状は、量と闘争心が豊富なLS系と推測しています。なので阪神の1600mは基本的には不向きだと思います。前走は能力の違いと軽い距離短縮ショックおよび生涯鮮度が高いので勝つことが出来たと思います。桜花賞よりはオークスや秋華賞のほうが向いていると思います。ただし、今回も相手が弱く、弱い相手向きの同馬にとっては有利だと考えます。

リスグラシュー

強い相手向きのハーツクライ産駒。将来性でいえばソウルスターリングよりもリスグラシューのほうが高いのではないかと思います。休養明けよりも少し叩いてからのほうがいいのでトライアルのチューリップ賞よりも本番の桜花賞のほうが向いているのでここは3着から5着あたりで終えて欲しいです。

ミリッサ

格上げ戦、初重賞と鮮度あるダイワメジャー産駒。リスグラシューと違ってこちらはトライアル向きなので好勝負を演じるなら今回かと思います。新馬戦で強引に捲って勝ったあとの格上げのオープン特別を1番人気3着とそこまで崩れなかったので能力は高いと思います。差しから先行する位置取りショックに期待したいです。

スポンサーリンク

ダノンディーヴァ

格上げ戦。ディープインパクト産駒の初重賞。母父がシンボリクリスエスですがL質寄りのまとまり系、しかもこじんまりとしたまとまり系ですべてにおいて少し中途半端な印象を受けます。1600mよりも1400mや1800m向きのような感じがします。

アロンザモナ

完全なL系ですね。初戦の新馬戦で勝った後の格上げ戦を惨敗し、惨敗直後の京都の1400mを平気で巻き返してあっさり勝ってしまう。かなりL質が強い馬だと思います。今回は阪神の1600mへの格上げ戦。かなりの相手強化になりますのでかなり厳しいと思います。

エントリーチケット

S質の強いまとまり系のマツリダゴッホ産駒。どちらかというとトライアル向きで今回、1600m→1400m→1400m→1600mという変則バウンド距離延長ショック。逃げる位置取りショックを仕掛ければS質が強いのでかなり面白い1頭だと思います。人気もそれほど無さそうなので期待値としても高そうで。現時点ではかなり魅力的な1頭です。

カワキタエンカ

格上げ戦。ディープインパクト産駒の初重賞。この辺はダノンディーヴァと同じだと思います。母父がクロフネの分、量と闘争心を補っているのでLS質寄りのまとまり系だと思います。ダノンディーヴァよりかはこちらのほうが今回のレースに関しては面白いかなっと思います。

ワールドフォーラブ

まだ2戦しか走っていないのではっきりとは分かりませんが1600mを勝ったあとに東京の1400mを負けたあたりを見ると精神構造がしっかりとしている可能性を秘めています。ダノンディーヴァやカワキタエンカ同様、格上げ戦で且つディープインパクト産駒の初重賞と鮮度あって。血統的に父がディープインパクト産駒で母父がブライアンズタイムとかなり興味深い血統なので今回のレースで今のところ一番どんな走りをするか興味のある一頭です。

短評まとめ

今回は有力馬しか見ていませんが現時点で面白いと思ったのはワールドフォーラブ・エントリーチケット・ミリッサかなっと思います。ただし、トライアル戦であること、相手が自分より弱いことを考えるとソウルスターリングが崩れることも少し考えづらいですね。

以上、チューリップ賞2017の有力馬の短評でした。

Naoto.

スポンサーリンク


この記事も役立ちます!

-競馬予想

シェアありがとうございます。