【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】クイーンカップ2017 キャナルストリート

2017/06/29

シェアありがとうございます。

それでは、クイーンカップ2017に出走予定のキャナルストリートの競馬予想をしたいと思います。前走のアイビーS(OP)は格上げ戦ですが根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショック。広い東京競馬場の9頭立てという少頭数で揉まれ弱いマンハッタンカフェ産駒としては条件は良かったと思いますが3番人気4着といまいちでした。まずはその前走を振り返りましょう。

前走

前走 アイビーS(OP) 東京1800m 3番人気4着 馬体重 448(-4)

新馬戦勝った直後の格上げ戦のオープン特別でした。先ほども書きましたが、中山競馬場から揉まれづらい東京競馬場、根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショック、9頭立てという少頭数と条件的にはかなり良かったと思うんですが人気に応えることが出来ませんでした。相手が強かったといえばそこまでですがもう少し走って欲しかったなっといった印象です。それでは、全成績を見ていきましょう。

スポンサーリンク

全成績

2016 2歳新馬 中山2000m 1番人気1着 馬体重 452(0)
2016 アイビーS(OP) 東京1800m 3番人気4着 馬体重 448(-4)

今回は4ヶ月弱ほど間隔が開いていますので休み明けになります。L系の馬なので休み明け自体はリフレッシュできてプラス材料となりますね。馬体重はしっかりと増やしてきて欲しいです。460キロ台でも全然問題ないと思います。今回は初重賞と前走から見ると格上げ戦になりますがメンバーを見る限りそこまで前走と比較して格上げ戦というわけでもないですが休み明けにいきなり多頭数の根幹距離の1600mというのはL系の同馬にとってはすこし辛いかなっと思います。

競馬予想まとめ

今のところ一勝馬なのでここで連対しないと桜花賞は厳しいと思いますがここで連対するのはかなり難しいと感じます。基本、前走との比較で馬自身が「苦」から「楽」になっていれば好走確率は高まると私は考えています。その基本的考えに照らし合わせてもう一度おさらいすると、

前走:東京競馬場、今走:東京競馬場→特に変化無し
前走:非根幹距離の1800m、今走:根幹距離の1600m→「楽」から「苦」
前走:1ヶ月ほどの間隔、今走:4ヶ月の休み明け→「苦」から「楽」
前走:少頭数、今走:多頭数(おそらく)→「楽」から「苦」
前走:オープン特別、今走:G3の重賞戦→(基本的には)「楽」から「苦」(ただし、メンバー的にそこまで「苦」というわけでもない)

といった感じでどちらかというと今走は辛く感じるかなっと私は推測します。馬は過去のレースの記憶と今走の条件との比較で今走どのようなパフォーマンスを出すか決まると私は考えていますのでここでL系の性質の馬が好走するのは少し考えづらいのです。

現状、7番人気ぐらいの単勝オッズ20.0倍ぐらいを想定して単勝期待値をだしています。
それよりも人気が無ければ当然単勝期待値は上がりますし人気があれば下がります。その辺は当日のオッズを見て判断してください。

よろしければ参考にしてみてください。

単勝期待値 C
(単勝期待値の説明はプロフィール下を見てください)

Naoto.

スポンサーリンク

この記事も役立ちます!

-競馬

シェアありがとうございます。