【競馬予想】単複勝負.com

競馬予想に全力投球しています。

【競馬予想】エンプレス杯(指定交流)2017 最終結論

2017/03/21

シェアありがとうございます。

それでは、本日行われますエンプレス杯(指定交流)2017の最終結論を書いていきたいと思います。地方競馬はほぼやりませんがたまたま目に付いたので予想してみたいと思います。

本命

4番 ヴィータアレグリア
TCK女王盃競走(G3)を使っていない別路線組なので同路線ストレスが他の馬と比べて少なく。5ヶ月の休み明けを叩いてしっかり絞れて集中出来れば内枠なので面白くて。前走の差しから先行に回る位置取りショックも同馬にはとても効果的で。前走の凡走で人気落ちるならかなり妙味あるので本命にしたいと思います。

対抗

1番 ブランシェクール
中央から地方へのショック。1800mから2100mへの先行馬の距離延長ショック。こちらの馬もTCK女王盃競走(G3)を使っていない別路線組なので同路線ストレスが他の馬と比べて少なくて異端性があり相対的に有利で。3番から5番人気ぐらいなら適性人気なので期待値もそれなりにあると思います。

以上、二頭を単勝推奨馬、つまり単勝期待値Aにしたいと思います。

スポンサーリンク

単穴

9番 ワンミリオンス
同路線のストレスがかなりあるものの3連勝と勢いのあるSL系で。自分より強い相手には?も弱い相手のダート戦ならそれなりに安定感あって。前走の反動が気になるので大幅な馬体重の増減には非常に注意したいです。

注意

2番 タマノブリュネット
前走、3番人気5着とTCK女王盃競走(G3)組の中ではそれほどストレス・疲労無く。今回、1800mから2100mへの距離延長ショックに対して、内枠を引いたことで鞍上のルメール騎手が差しから先行に回る位置取りショックを仕掛ける可能性が非常に高く。S系の馬なので位置取りショックは効果的なのでぜひ仕掛けて欲しいです。

大穴

3番 ポッドガゼール
2100m→1500m→1800m→2100mの変則バウンド距離延長ショック。距離延長なので前に行く位置取りショックを仕掛けて欲しいです。内枠に入ったのでより集中する意味でも馬体重は絞れてきて欲しいです。

競馬予想まとめ

前走、TCK女王盃競走(G3)組が非常に多くメンバーが停滞しているので、同路線ストレスの無い別路線組を中心に馬券を組み立ててみました。紐にはTCK女王盃競走(G3)組のなかでストレス・疲労が少ないメンバーを中心に挙げてみました。ダート戦、特に地方のダート戦なのでより単調なレースになりやすいのでワンミリオンスが連に絡む確率はそこそこ高いですがストレスもかなり抱えているので単勝期待値的にはヴィータアレグリア・ブランシェクールが良いように思います。

以上、エンプレス杯(指定交流)2017の最終結論でした。

スポンサーリンク

この記事も役立ちます!

-競馬

シェアありがとうございます。